相互オナニーもできる?2ショット機能とは

原っぱにいる女性

エロチャットには、2ショットという機能があります。2ショットでは、女性会員と2人きりで話せるんです。

エロチャットを使い始めた頃の僕は、複数人でやり取りをするパーティーチャットのみ利用していました。女性と1対1で話すのに、まだ気恥かしさを感じていたんですよね。

でも1人の女性とメールや電話でどんどん仲良くなっていくうちに、2人だけで話したいなと思うようになったんです。

仲良くなった女性会員Aさんは、パーティーチャットでの絡みもありました。でもほかの男性ユーザーの前で、脱いでいるAさんを見たくなかった。(やばい…完全に彼氏面してしまっている)

それにほかの男性から、相互オナニーがたまらんということも聞いて気になっていました。僕は、意を決してAさんを2ショットに誘ってみることに。

ここでは、僕の感じた2ショットの魅力と誘い方について紹介していきます。

2人きりになれる2ショットの魅力

2ショットのメリットは、女性と2人きりになれるというとこですね。複数人で話していると、周りに気を使って聞きたいことが聞けない言いたいことが言えない状況もよくありました。

その場のノリや雰囲気もあるので、多少空気を読みながら振る舞う必要があるんです。でも、2ショットならほかの男性への気遣い無用。2人だけの空間をじっくり味わえます。

女の子と親密になれる

2人きりになると、ゆっくりとお互いの話ができます。質問し合ったり、何気ない会話を楽しんだりしていると、お互いについての理解が深まるんです。2人だけの時間を過ごせるので、どんどん仲良くなれますよ。

相互オナニーも可能

ほかの男性に見られる心配がないので、相互オナニーだってできちゃいます。もちろん、パーティーチャットで脱いでくれる女性もいますよ。

でもほかの男性も参加していたら、興奮しても見るだけに留めちゃう。こちらの画面がほかの男性に見られていなくても、なんだか萎えちゃうんですよね。大勢のプレイには興味が無いので。

2ショットなら、僕だけの言葉に女の子が喘いでくれるから興奮度マックスになります。ほかの男性も居ないし「一緒にしよ?」と言ってお互いに気持ち良くなれるんです。

2ショットはどうやって誘ったらいい?始め方

2ショット未経験なら、誘い方が分からないかもしれません。

まあ「2人きりで話したい」と言えば、ほとんどの女性が応じてくれるでしょう。しかし、お互いをよく知らないうちに誘うと断られる可能性だってゼロじゃありません。

仮に2人きりでチャットが始まったとしても、いまいち盛り上がらないパターンも考えられます。

上手に2ショットに誘うには、ステップを踏む必要があるんです。

初見の女性にはメールから

初めましての女性相手には、メールからやり取りを始めるのが基本です。いきなり2ショットをスタートさせると、正直僕は何を話していいのか分からなくなりそう。コミュ症だからかな(苦笑)

メールを送り合っているうちに、ある程度お互いのキャラクターが分かってきますよね。エロチャットをする上でも、フィーリングって大切だと思います。気が合わないと、会話が盛り上がらないので。

少しずつ女性との距離を縮めたら、「2ショットで話してみたいな」と聞いてみましょう。

1回目の2ショットで気をつけたいポイント

相手の女性と2ショットをするのが初めてなら、以下の2つに気を付けないといけません。

①いきなり長時間話さない
②即脱ぎを要求しない

一発目から長時間やり取りすると、正直お互いに疲れるかと…。メールで仲良くなったとしても、初めての2ショットだと気を使いますしね。1回目で疲れたなと感じたら、次回に繋げにくくなります。

また、すぐ女性に脱いでもらおうとするのはNG。女性側にも心の準備があるので、いきなりの要求に気分を害してしまうかもしれません。せっかく仲良くなっても、「即脱ぎ」の要求によって、関係がぎくしゃくしてしまう可能性も。

早くおっぱいが見たいのは分かりますが、焦りは禁物です。脱いで欲しいときは、2ツーショット2回目以降か、話が盛り上がって聞けそうなときにお願いしてみましょう。